Overwatch NVIDIA CUP 決勝進出チーム概評

あくまで個人の見解です。

グループ01

ウンチーコング 【1位通過】

ウ ン チ ー コ ン グ って知ってる?

もはや知らぬ人はいないだろう。しかし、名前が公序良俗に反したためか、『ピンキーコング』への名称変更を余儀なくされてしまった。略称は『ピンコ』。

大会当日、受付締切の2分前にTwitterを通じ、そないろを中心として結成・参加した即席チームである。予選においてはDETONATOR5、Green Leavesといった名だたるチームとの激戦を制し、見事1位通過を果たした。即席とはいえ、全員がチーム経験者であり、その実力はもちろん証明済みだ。

メンバー一覧

 

Green Leaves 【2位通過】

数々のユーザー主催大会を制し、アマチュアチームながらもDeToNator.Overwatchと並んで一時代を築いたGreen Leaves。大会を目前にした11月5日、メンバーの入れ替えを発表したことに驚いた人も多いだろう。もちろん、競技シーンにおいて戦い、勝ち続けるための選択だ。

予選リーグでは幸か不幸か2位通過となるが、強いチームは長期戦でこそ真の強さを発揮する。APAC Premierにおいて、グループリーグで惜敗を喫したRogueが決勝で見事雪辱を果たしたのは記憶に新しい。ピンキーコングとの対戦から1週間、奇しくも初戦で再び激突することになるが、見逃せない戦いになることは間違いないだろう。

メンバー一覧

グループ02

KINGDOM-eX6【1位通過】

セミプロゲーミングチームKINGDOMのOverwatch部門――KINGDOM-eX6。前身となるJP-eX6まで遡れば歴史は長いが、これまで大会での目立った活躍は無い。しかし、常に前進を続けているチームである。複数チームを抱える団体が多いなか、潮流に逆らいひとつのチームに絞り、丹念に強化を重ねてきた結果は予選リーグでの戦いを見ても明らかだ。

今年最も成長したチームであると言えるKINGDOM-eX6は念願の日本一に輝くことができるのか。個人的注目度ナンバーワン。

メンバー一覧

Amplex【2位通過】

魑魅魍魎ひしめく決勝トーナメントに、新進気鋭のチームが飛び込んだ。結成1ヶ月目の大躍進。戦国の覇者となったAmplexは、並み居る強豪を打ち倒し、優勝争いに楔を打ち込むことができるのか――注目である

メンバー一覧

グループ03

Unsold Stuff Gaming Supreme【1位通過】

プロゲーミングチームUnsold Stuff GamingのOverwatch部門が抱えるチームの1つ。JCG Master 2016 Summer Finalsでの戦いを終えた後、事実上の再編とも言える大幅なメンバー変更があったことを知る人は少なかったのではないだろうか。

今大会で初めて公の場に姿を現せたUSGの秘密兵器は、シンプルに強い。連携・個人技のどれを取っても、チーム名に違わないレベルの高さを誇っているのは誰の目にも明らかだ。

Supreme [形容詞] ―― 究極の, 至高の, 最高の

今大会の頂点に立つのはUSG Supremeか、USG Supremeを倒したチームのどちらかになる――そんな予感さえも抱かざるを得ない。

メンバー一覧

SunSister Arancione【2位通過】

SunSiter Arancioneは結成から約三ヶ月にして今回が大会初参加。しっかりとメジャー大会にフォーカスして牙を研ぎ上げてきた成果か、実績のあるチームとの戦いにも勝利を収め、堂々の2位通過を果たす。

今大会も含め、この先の競技シーンでの活躍に期待が持てるチームであると言える。

メンバー一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする