Overwatch観戦操作設定ガイド

Overwatchの観戦操作が難しいという声をよく聞くのですが、これはデフォルトバインドに問題があるだけで自分に合うように適切に設定を変更すればそこまで難しくはありません。以下に自分の操作設定を紹介するので是非参考にしてみてください。

まずプレイヤー1~12を観戦なのですが、デフォルトではF1~F12にバインドされています。UIの並びの通りでわかりやすくはありますが、左手を動かす範囲が広すぎて的確に見たいプレイヤーにフォーカスできないことが多々あります。なので自分はチームごとにF1~F61~6で分けてバインドしています。

デフォルトバインドではこの通り広すぎます

あばらバインドではこのような可動範囲になります

実際の観戦UIにはこのように対応

レッドチームをF1~F6にしたりブルーチームを1~6にしたりはお好みでどうぞ。自分は攻撃側のチームの方が見所を作りやすいので素早くアクセスできるように数字キーをレッドチームにしていたのですが、ライバルプレイが実装されてあまり意味がなくなりました。

続いて移動などの設定。

  • 観戦中の三人称視点切り替え
    特にこだわりはありません。特に他のキーと合わせて同時に操作するわけではないので押せるキーであれば何でも良いですが、自分の設定だと他でShiftを使わないのShiftにアサインしています。
  • ライフゲージ表示
    これも特にこだわり無く、押せるキーであれば問題ありません。なのでF12です。
  • 照準が合っている相手を観戦
    割とパニック的に頻繁的に使うことになるので、射撃をするつもりで左クリックにバインドしています。
  • 観戦ロックオン
    対象をカメラで追随するのですが、狙いが頭基準でバスティオンみたいに頭が上下するヒーローをロックオンするととんでもない事になります。自分のAIMで追えばいいので不要と判断して外しています。
  • 移動速度アップ
    これはShiftを押しながら上昇したり下降したりと操作をするのが煩雑だったので、ほとんど視点操作のみの右手を使おうということで右クリックに設定しました。これが思いのほか良いです。オススメです。
  • 移動速度ダウン
    昔から歩きはALTにバインドしていたので慣れで選びました。普通使う機会は無いですが、舐めるようなカッコイイカメラワークには必須です。
  • 上昇・下降
    これを変更するのとしないのとではかなり違います。デフォルトではE・Qで上昇下降ですが、WASD押しながらE・Qとスピード上昇させたいならShift押したりと左手の負担が尋常ではありません。地面を舐めるカメラワーク等は大抵がこのバインドが原因で生まれます。おとなしく上昇はSPACE下降はCTRLにしましょう。

以上、秘密大放出でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする